チップ間距離0.2mmの高密度ワイヤーボンディング

実装方式

ワイヤーボンディング=ワイヤーボンダー
樹脂塗布=マニュアルディスペンサー

基板サイズ

121mm×177mm×1mm(6層基板)

基板材質

MEGTRON6(ガラスクロス)

仕様

ライン&スペース 100/100

ロット数

20台程度

対応納期

5日

ご相談内容・課題

光通信用モジュール(PD-TIA)の通信速度を少しでも早くするために、光素子と受送信ICの距離を少しでも縮めたい。

また、配線するワイヤーの長さも可能な限り短くすることで通信速度を早くしたい。

現時点ではチップ間の距離が0.5mm程度だが、これを更に近づけて実装することはできないか。

解決の内容・施策

マシンで実装すると受発光素子が汚れてしまうため、実装は手作業で行う必要があった。

社内熟練工の精密な実装により、チップ間同士の距離を0.5mmから0.2mmまで近づけることができた。

ワイヤー自体の長さも0.4mm以下に収めることができ、通信速度の向上に貢献した。

実装の際は一気にチップ間の距離を近づけず、ワイヤーが打てるかどうかを試行錯誤しながら、試作を繰り返すことで徐々に距離を詰めていった。

施策の効果

ワイヤー長さ0.4mm以下の高密度実装でチップ間の距離を限界まで近づけることができ、通信モジュールの高速化に成功した。

基板の設計・試作・実装はイデアシステムにお任せください

狭ピッチ・小ラインでの実装、ベアチップとSMDの混載実装など、実現難度の高い基板実装はイデアシステムにお任せください。

当社は創業以来30年以上、試作中心の多品種少量に特化した受注体制で基板の実装案件を手がけてきました。

蓄積した技術とノウハウでお客様の課題解決に貢献いたします。難度の高い基板の実装・試作でお困りの際は当社にお声がけください。

「基板実装・試作」その他の事例